整理するだけではありません、遺品整理を依頼するメリット

大切な家族が亡くなったあと、気持ちの整理がつく、つかないに関わらず取りかからなければならない遺品整理。退去しなければならない家の場合は、退去日が決まっていて期日内に整理しなければならないこともあります。
心身共に遺族に大きな負担となる遺品整理を、業者にお願いすることのメリットについてご紹介します。

遺品整理を頼まない場合はどうなるか

大切な家族の遺品を自分たちの手で片付けたい、そう考えて業者に依頼せずに遺品整理をする方も少なくありません。
自分たちでした場合にはどうなってしまう可能性があるのか詳しく見ていきましょう。

費用が抑えられる

遺品整理を自分たちですることの一番のメリットは、費用が抑えられることです。自分たちですれば費用はかからないと考えてしまいがちですが、実際には全くお金をかけずに片付けることはできません。たとえば自分一人で作業をした場合、1日2日では終わりません。もし家が遠方の場合は交通費や宿泊費、食事代も必要です。また親戚や家族に協力を頼んだ場合、お礼をする必要や食事などを提供しなければならないので思ったよりお金がかかってしまうことにもなりかねません。
さらに近年は引っ越し等で出る一時大量ゴミについては、自分たちで処分場へ運搬する必要があるなど自治体によって法令があります。違反すれば罰金対象になることもありますので、きちんと分別しなければならず処分代も負担する必要があります。

時間がかかる

遺品整理は時間がかかります。狭いアパートだとしても物が多くある家もありますし、一軒家の場合はトラックが何往復もする必要があるほどの量がしまわれていることもあります。
物の多さもですが、遺品は持ち主が使っていたものなので簡単に処分ができません。特に気持ちの整理がついていない場合は、遺品を見て故人を思い出すこともあるため、自分の持ち物を整理する以上に時間がかかってしまいます。

片付ける体力があるか

遺品整理は持ち物だけでなく、家具なども含まれます。家中にあるものを整理して処分するには体力が必要になります。また本など重い荷物を運んでいて転んで怪我をすることもあるなど、遺品整理は体力があっても重労働です。
遺品整理は故人の夫や妻、子供など近い立場の人がすることがほとんどです。若くて体力があるとしても、自分の物ではない物を片付けるのは思った以上に体力を消耗してしまいます。

心労している

遺品整理に取りかかるときまでに、心の整理がついているという人の方が少ないはずです。
処分しなくてはいけないのに辛くてできないということが積み重なり、片付けられず心労で寝込んでしまう人も多くいます。特に故人に近い立場の人であれば、その心労は外からは分かりません。
自分がしなければと思うあまりに、遺品整理が大きな心の負担になってしまうこともあります。

このように自分たちで遺品整理をすることは簡単ではありません。

遺品整理士に依頼するメリット

遺品整理を扱う業者は多くあります。専門で引き受ける業者もあれば清掃業がメインで遺品整理もあわせて引き受けているということもあり、どの業者を選べばいいか悩むこともあります。そういった場合に判断の基準となるのが「遺品整理士」の有無です。
遺品整理士は遺品整理に関する知識や遺品整理に関わる法律の知識などを身につけているプロフェッショナルです。遺品整理士のいる業者なら、安心して依頼ができます。
ここでは遺品整理士に遺品整理を依頼することのメリットを詳しくご紹介します。

作業がスムーズに進む

遺品整理士は遺品整理に関する専門知識を持っていることに加え、遺族の気持ちに寄り添って遺品を丁寧に扱うことを使命として遺品整理を行います。そのため事前に遺族と話し合いをして納得のいくように分類・整理・処分していきます。自分たちでする場合は悩んで捨てようとしたりまた戻したりといったことを繰り返しがちですが、遺品整理士に依頼すれば作業が滞ることはありません。

遺品の梱包・仕分けなどが慣れている

遺品整理で大変なのは、必要不必要の分別や、残したいものを運搬する際の梱包です。
また処分する物でも一般のゴミとして処分できるものもあれば産業廃棄物の扱いになるものもあります。こういった区別はなかなか判断がしにくく、せっかくまとめて処分場に持って行ったのに引き取ってもらえなかったということも起こりかねません。 遺品整理士はそういった産業廃棄物などの知識も備えていますので、仕分けをきちんとした上で適切な処理方法の判断を下すことができます。また多くの遺品整理を扱っていますので、割れ物などを丁寧に梱包してもらえます。

不用品の買取りをしてくれる

遺品整理で遺族にとっては不要だったとしても、金銭価値のあるものが遺されていることもあります。
高額なものだけでなくまだ使えるものは中古品としてリサイクルすることも考える必要があります。遺品整理士は買取可能なものについても知識を持っています。できるだけ費用を抑えたいと考えている場合は、不用品を買い取ってもらい費用に充てることも考えましょう。

遺品整理以外のサービスを頼むことができる

遺品整理で片付けをお願いする以外のことでも相談が可能です。
たとえば遺品整理をしていて高額な物が出てきた場合や、貴重品や通帳などについては、遺産相続にも影響があります。こういった場合になかなか信頼できる専門家を探して相談するのは簡単ではありません。遺品整理士であれば、状況に応じて適切なアドバイスをしてくれる専門家を紹介してくれます。

供養を頼むことができる

遺品整理をしたからといって、故人の荷物を全て遺すことはできません。
どうしても処分しなければならないものもありますし、故人が大事にしていても周りの人にとっては不必要なものもあります。ただ、ゴミとして処分するのは抵抗があるという人も多くいます。
そういった場合、遺品整理士に供養の相談をすることも可能です。業者によっては供養をしているお寺と契約を結んでいる場合もありますし、供養が可能なお寺を紹介してもらうこともできます。

早めの準備をしたい場合は、生前整理をする

遺品整理は遺された遺族がするものなので、自分である程度整理してどれを誰に渡すかを決めて指示をしておかなければ生前に色々考えていてもその通りにならないことがほとんどです。遺族にとって精神的にも身体的にも大きな負担をかけてしまうだけに、できれば生前に身辺の整理をしておくことがおすすめです。
また自分だけでなく、高齢の両親の物を整理することも考えておく必要があります。
年を重ねればそれだけ体力も落ちますし、片付けたいと思っても気持ちがついていかなくなってしまいます。一緒に整理することで本人の意志も確認できますし、納得した上で不要なものを処分できます。
ただし生前にある程度整理しようと思っても、時間がない、体力が続かないといった問題も出てきます。
そういった場合にでも、遺品整理士に相談するのがおすすめです。業者にお願いするのは抵抗がある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分が大事にしてきたものをゴミとして処分するのではなく整理してリサイクルするといった方法なら、逆に家計にプラスになる可能性もあります。

ご相談ならエピローグシオンまでお気軽にご連絡ください。

遺品整理は家族にとって簡単なものではありません。亡くなった方の財産だからこそ、処分するべきかしないべきか悩んで辛い思いをされることもあります。また処分したくないけれど期日が迫って困っているということもあるでしょう。

エピローグシオンでは、遺族の皆様の複雑なお気持ちを汲み取り、寄り添いながら大切な遺品を扱わせていただきます。

遺品整理をしたいけれど、気持ちの整理がつかずどう進めてもいいか分からない、そういったお悩みをお持ちなら、24時間いつでもご連絡くださいませ。”進め方だけでも知りたい””相談に乗って欲しい”場合も大歓迎です。


  |  

お見積り、ご相談は24時間・365日無料にて承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

県内No.1の実績数・総数5000件以上
確かな実績と信頼の「エピローグシオン」

0120-783-590

map

広島全域対応可能山口・岡山・鳥取・島根はご相談ください

お問い合わせはこちら