孤独死・孤立死の特殊清掃

孤独死・孤立死現場等の特殊清掃を承ります

孤独死・孤立死の特殊清掃

高齢化社会、核家族化が進む中、今、もっとも多い特殊清掃のケースが、「孤独死」です。私たちは、残されたご遺族、そして家主の方から孤独死、孤立死の特殊清掃を数多くお引き受けし、これまで原状回復を行って参りました。

どのようなケースでも経験がございますので、お困りの際は、お気軽にお問合せください。

ご遺族の方へ

スタッフ一同、ご遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。
離れて暮らすご遺族にとって、身内の方の孤独死はとても悲しい出来事ですから、きっとつらい想いをされていらっしゃることでしょう。悲しみが癒えない状況の中で原状回復を行うことは、精神的にとても負担の大きいものです。

また、このような死を遂げられてから時間が経過していた場合、特殊な方法を用いなければならないケースがほとんどであるため、私たちがご遺族にかわり、清掃作業を行っております。これまでに、多くの現場を経験してきておりますので、安心してお任せください。もちろん長い人生で愛用されてきた故人の遺品などの整理も可能です。

ご遺族にかわって心を込めて対応させていただきますので、気分が落ち込んでしまった女性の方など、おひとりで悩まずにご相談ください。

賃貸物件の管理会社様・大家様・オーナー様へ

賃貸物件管理会社の責任者の方、管理人の方・物件所有者の方などで、孤独死、孤立死の原状回復が必要な場合は、私どものような特殊清掃のプロにお任せください。特殊な薬品と最新の機材を使用し、専門的な方法で異臭などが全くしない状態に原状回復することが可能です。住民の方にご迷惑がかからないよう、十分な配慮を行いますので、お気軽にご依頼ください。

対応サービス

特殊清掃 作業実例

孤独死のケースをご紹介

内容
東京のマンションで、長いことおひとりで生活をされていたご年配の男性が孤独死された現場を特殊清掃しました。体液がフローリング上に広がった状態での作業でしたので、ソファーなどの家財の撤去、オゾン処理による消臭・除菌作業などを行い、原状回復いたしました。
手順
まずは、作業員が防護服、保護メガネ、防毒マスクを着用。体液が広がり作業困難な現場でしたが、消毒剤を散布した後、床上を時間をかけて清掃。体液などを全て取り除いたあと、速乾性の脱脂洗浄剤を使用し、洗浄しました。

その後、家財の撤去、そして床のクッションフロアと壁のクロスをはがして除去。床下の汚れた部分を清掃。その後、室内の消臭・除菌を2~3時間(2回行います)。後日、クロス貼り、フローリングの張替え作業を行いました。なお、このとき、床下にまで体液などが染み込んでいる場合は、別途基礎などの全てを取り換えるリフォームを行う必要があります。

その後、水回りなどその他の箇所の清掃を行い、作業完了。ご依頼者様にお立会いいただき、確認後に終了となりました。
費用
1K不用品搬出2名での作業に38,000円、体液の除去作業に30,000円、オゾン脱臭機を1日使用し30,000円、高濃度噴霧器1セットで15,000円。その他、体液などが付着したフローリングなどの撤去費用などでお見積りさせていただきました。
※その他事故死、自殺のケースや作業総額につきましては、お問い合わせください。

県内No.1の実績数・総数5000件以上
確かな実績と信頼の「エピローグシオン」

0120-783-590

map

広島全域対応可能山口・岡山・鳥取・島根はご相談ください

お問い合わせはこちら