賃貸物件の原状回復の義務について

賃貸物件の原状回復の義務について

突然、離れて暮らす身内の方が亡くなってしまったとき、それが賃貸物件での孤独死や孤立死であった場合は、原状回復しなければなりません。実際、私どもがこれまで特殊清掃をしてきたケースを見てみますと、そのほとんどが賃貸物件にお住まいの方でした。

孤独死、孤立死の場合、死後、時間が経過していることが多く、体液、血液などが床などに広がっていることが多いもの。それだけでなく、死臭が充満していたり害虫が発生していたりすると、家主との間にトラブルが発生することが多々あります。

建物賃貸借契約においては、契約終了後に借主が物件を原状に回復し、貸主に返すと定められていることが一般的です。家具設置跡などの通常損耗は貸主の負担になりますが、このような特殊清掃が必要なケースの場合、ご遺族の方は、原状回復義務の責任を果たす必要性があり、また、それだけでなく、場合によっては損害賠償を請求されることもあるのです。

入居期間がかなり長期間にわたっていれば請求されないケースもありますが、賃借人・入居者による孤立死、自殺、事件などが発生するとどうしても資産価値が下がってしまうなどの経済的損失が発生するので、貸主とのトラブルに発展してしまいます。法的には、自殺を除けば幾分か緩和された判例が見られますが、それでも相続人は借家権を引き継ぐことになるため、原状回復の義務が生じ、損害に対する費用負担をしなければならなくなってしまうのです。

原状回復は安心できる業者にお任せ下さい

上記のような原状回復をめぐるトラブルを防ぐにためは、原状回復を依頼する際に、適切な作業を行う業者を選択することが大切。エピローグシオンに原状回復をご依頼いただいたお客様の場合、まずトラブルになることはございません。なぜなら、私どもは信頼される作業をモットーにしており、管理会社の方、家主の方などに対して誠心誠意対応させていただくからです。

特殊清掃、施工方法などについてしっかりと説明し、消臭・除菌・害虫駆除まで対応。さらに、畳などを剥がし床下まで作業し、壁紙・クロスの張替えなどにつきましても対処可能。家主の方にご納得いただけるサービスと明瞭な費用で原状回復に努めておりますので、安心してご依頼ください。

原状回復作業の流れ

当社では、下記の流れで特殊清掃作業を行っておりますので、どのようなケースでも家主様に信頼していただくことが可能です。

フローリングの原状回復工事のケース

作業1現場の確認

作業を行う際に必要な薬剤・機材の確認のため、現場を拝見します。

作業2お部屋の消臭、および除菌

まずは高濃度の二酸化塩素を噴霧し、消臭・殺菌したうえで作業に入ります。

作業3床の表面を清掃

床に付着した体液、血液のあとなどを清掃します。

作業4クロスや巾木などを剥がす作業

悪臭が染みついたクロスなどを剥がし、裏に体液などが染みていないか確認。

作業5フローリングと防音材を剥がす作業

床に体液や血液が広がっている場合、フローリングなどを剥がして中を確認。

作業6床下の汚染状態を確認

ほんの少しの汚れも見逃さないために、床下の汚染状態も確認します。

作業7床下コンクリートなどの清掃

床下まで汚染が広がっていた場合、コンクリート上などを清掃します。

作業8室内の消臭・除菌

業務用超音波霧化器で薬品(ミスト)を2~3時間程度、2度にわたり噴霧します。

作業9特に汚染箇所を消臭・除菌

汚染箇所に業務用消臭剤を噴霧し、消臭・除菌を行います。

作業10オゾン燻蒸およびオゾン脱臭器を回収

悪臭の程度によりますが、数日間かけてオゾン脱臭(オゾン燻蒸)実施。
例)3回にわけて1日あたり合計10時間ほどを5日間。
修了後脱臭機を回収してから、3~7日後に室内の臭いの状況をチェック。

作業11防臭剤の塗布

汚染箇所に特殊な防臭剤を塗布する作業を数回にわたり行います。

作業12クロス貼り、およびフローリングの張替

最後にクロス、フローリングなどを貼り、クリーニングして終了となります。

その他、畳の場合の原状回復、クッションフロア(CF)の原状回復については、お気軽にお問合せください。

県内No.1の実績数・総数5000件以上
確かな実績と信頼の「エピローグシオン」

0120-783-590

map

広島全域対応可能山口・岡山・鳥取・島根はご相談ください

お問い合わせはこちら