歴史上初の話題になったゴミ屋敷(アメリカ)とホーディング障害

なやみ ごくよう

お問い合わせはこちら

ブログ

歴史上初の話題になったゴミ屋敷(アメリカ)とホーディング障害

2020/10/09

みなさんこんにちは!

 

今週はどんよりした空ですね。sad

台風の影響が酷くないといいのですが、、、。

 

本日は「歴史上初めて”ゴミ屋敷”で話題になった」アメリカの実話をシェアしていこうと思います。

 

 

1947年。アメリカ ニューヨーク市で起きた実話です。

 

ホーマー・コリヤー(兄)とラングレー・コリヤー(弟)はマンハッタンのハーレム地区に住んでいた実在の兄弟。

 

ハーレム地区は元々お金持ちの白人達の保養地的な高級住宅街でした。

 

兄は法律家、弟は技師兼ピアニストという、社会的地位の高い職に就いていた兄弟でした。

 

しかし、1909年頃から2人は家に引きこもるようになりました。

 

その原因としては、両親の離婚や母親の死がきっかけになったとも言われていますが、ハーレム一帯の治安が悪化し始めた頃とも重なり、財産や家財道具を守るために家の門をコンクリートで塗り固めて完全に遮断し、すべての窓に鉄格子を付けてさらに出入りできそうな場所には有刺鉄線などを使った罠を張り巡らせ、外界から遮断された生活を送るようになったとも言われています。

 

彼らは何十年もゴミを収集しては屋敷の中に蓄え、噂の的になりながら引きこもりの暮らしを続けていました。

 

引きこもって以降の兄弟の生活は荒んだもので、現金などを銀行に預けず(電気代や水道代も払わなかったことから電気と水道を止められてしまう)生活用水は早朝に公園から水を汲み灯油を調理・暖房・照明に使っていました。

 

食事も肉屋やパン屋のゴミ箱から食べられる物を漁るという、乞食同然のものだったとさえ言われています。

 

また医者の訪問も許さず兄が失明した際にも民間療法に頼り弟がオレンジを大量に買っては兄に食べさせていたとか。

 

そして、1947年「コリヤー家から悪臭がする。人が死んでいるんじゃないか」と通報を受け警察が急行してみると、屋敷の住人コリヤー兄弟が亡くなっていました。

 

また警察がゴミの山と化した豪邸の中から2人の遺体を発見するのに数週間を要したといいます。

 

邸内は足の踏み場も無く、少しでも動かすと何トンもの堆積物が落下してくるようになっており、

数千冊の本にグランドピアノ14台・自動車3台・大量の衣装に衣装ケース・数百点のおもちゃ・有刺鉄線等々120トンにも及ぶゴミが出てきました。

 

家の中に自動車が3台、、、、、。すごすぎませんか(汗)?

 

二人の死因は、兄ホーマーは盲目で弟から看病をしてもらっていたのですが、弟ラングレーは罠の落とし穴へかかり転落死したため、兄は世話をしてもらう弟がいなくなり餓死。

兄ホーマーの遺体は警察がかけつけた時に運び出されましたが、弟ラングリーが発見されたのはそれから3週間後。

 

ガラクタの撤去作業中、兄ホーマーの遺体があった場所から3メートルも離れていない場所で死んでいるのが見つかったのです。大量のガラクタに埋まっていたので、警察も作業員も気付かなかったらしい。

 

なんとも悲劇的な結末ですね、、、。

 

こうしたホーディング強迫的ホーディング居住空間において大量の物品を度を越して収集(蒐集)することを止められず、それにより著しい苦痛・不全を起こしているという行動パターン)は日本でも珍しくありません。

日本でも「ゴミ屋敷」をメディアで取り上げられたりしていますよね。

 

ホーディングになる人の心理の1つとして、「いつか必要になる」という信念があります。

他人から見れば価値のない「ゴミ」なのですが、本人にとっては「意味のあるもの」「奪われたくないもの」であって、捨てられることに苦痛すら感じるというケースもあるため、本人を理解したうえで原因と解決を探していかなければいけません。

 

家族や親せき、ご近所で普段からの電話でのコミュニケーション等で、どこか精神的に引きこもりがちになっているという変化はないか、を観察することが大事になってきます。

 

エピローグシオンではゴミ屋敷はもちろん

 

広島県、広島市で遺品整理特殊清掃・生前整理・ゴミ屋敷といった様々なサービスを提供しております。当社は過去の業務で培った経験を駆使し一つひとつのご依頼に真心込め丁寧に対応しております。お見積りは無料で365日受け付けています。お見積りから現場作業は同一のスタッフが責任を持ち進めておりますので、お見積りの際の確認事項や大切な言い伝えを見逃す事はありません。

 

整理・分別・リサイクル・清掃・高価買取をさせて頂きご依頼者様に満足して頂ける事をお約束致しますので安心して頂きお気軽にお問い合わせ下さい。

 

作業実績

ビフォー

アフター

「エピローグシオン」は、広島県広島市で10年以上皆さまに寄り添っている遺品整理特殊清掃の専門業者です。
近年注目を集めている終活のための生前整理やゴミ屋敷清掃にも対応しております。また、家族の形が変わったことで問題となり始めている孤独死についても多くご用命を頂いております。

当社は創業からこれまで、信用を第一に誠実な作業を心がけており、安心・安全をモットーに地元・広島の方の遺品整理にまつわるお悩み解決に尽力してまいりました。
その姿勢が認められ、広島全域はもちろん、山口県などの近隣県からもご依頼を頂いております。

当社では遺品や不用品をただ処分するだけでなく、リユースや寄贈、買取にも対応しております。愛用品など気持ちがこもっており捨てるのを躊躇する場合は、無料での合同供養もご提案させて頂いております。

たくさんのご要望に応えるべく多彩なプランをご用意していますが、どのプランをご利用頂いても、追加請求なしの明朗会計。当社は見積もりが最終金額であり、不明瞭な追加請求など、いい加減な対応でお客様を裏切るようなことは一切ございません。

365日24時間休まず営業しており、何時でもご相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

遺品整理の対応エリア

・広島県全域
広島県広島市中区|広島市東区|広島市南区|広島市西区|広島市安佐南区||広島市安佐北区|広島市安芸区|広島市佐伯区

廿日市市|広島県大竹市|広島県呉市|広島県江田島市|広島県安芸高田市|広島県東広島市|広島県竹原市|大崎上島町|広島県尾道市|広島県三原市|広島県福山市|広島県府中市|広島県三次市|広島県庄原市

広島県神石郡神石高原町|広島県山県郡安芸太田町|北広島町|広島県安芸郡府中町|海田町|熊野町|坂町|広島県世羅郡世羅町

・隣接県
山口県|岡山県|島根県|鳥取県

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。