特殊清掃案件が増えております。

なやみ ごくよう

お問い合わせはこちら

ブログ

特殊清掃案件が増えております。

2022/08/03

広島遺品整理専門エピローグシオンスタッフです。

 

題名
ヴァレリーの偶像とホーディング

偶像本来の意味合いはキリストのイコンやマリア像、大仏や仏壇などの像のみとどまらずあらゆるモノに言及できる。個人的な経験に依拠してモノとの関係を築いた時、それは偶像化され得る。それが愛着であろうが、誰か偶像化された人物を呼び起こそうが、まとめて言えば偶像になる。ホーダーは時に、偶像化されたモノやヒトとの関係を結びつけるためにモノをためこむと言われる(※1)。
偶像への思いは自尊心や物質主義と密接に関わっていることもあり一神教から忌諱されてきた。そうした思いは前時代的であり、知性の欠片もない野蛮な行為だと否定してきた。しかしヴァレリーが考えるように、人間は「生きていく限り、何らかの〈偶像〉を必要とするもの」(※2)である。どのように取り繕っても私たち人間は偶像から逃れることはできない。だからこそヴァレリーは偶像を「真面目に」取り合ったのだ。
Pack
ratたちがためこむモノは他者から見てたいてい無意味である。だが彼らは捨てることができない。彼らはためこんだモノには価値があると信じている。(一応補足するが、捨てる方法を知らない、捨てる機会を見逃した、精神的な問題によって行動できない、と他の理由も考えられるため一概には言えない。ホーディングの具体的な一側面について言及しているだけであることに留意されたい。)ヴァレリーはこの状態を「愚かしさ」と形容する。「愚かしさとは、正邪や善悪の軸により断罪されるものではなく、人間の持つ実存的な不格好さを正視しかねる心情に映りこんでくるものである」(※3)。私たちの先祖が単なる石を祭ったり、土くれでできた人形を崇めたりするのが「愚かな」ことである。「対象と対象によせる主体の思いの過剰さというアンバランス」(※3)こそが偶像であり、ホーダーの基本原理であるのだ。偶像への思いは「愚かしい」ことであり、「羞恥」(※3)であり、それゆえに興味深い。
偶像の問題はホーディングにとどまらない。アイドル、ゲーム、アニメだけでなく政治思想やキャンペーン、はたまた民主主義にもその影を落としている(偶像の問題は現代や近代に始まったものではないが、社会的に問題視されたのはたった1、2世紀前のことである。)2000年に「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない」(※4)と中学生に言われ、大人たちは二次元の偶像が織り成す感動物語に涙していた。2005年に東大社研が希望について「真面目に」取り合っている傍ら(※5)、地下ではのちに国民的アイドルと言われるAKB48が踊っていた。大人たちやアイドルにとっては「真面目」だったに違いない。しかしだからこそ「できるだけマシな〈偶像〉を選ばなければならない」(※2)のである。なぜなら「不格好な偶像ほど人が生気を吹き込もうとする思いが強くなり、その結果として偶像への崇拝の念も高まるのに対し、偶像に伝える生命力の衰弱に相即して偶像は美しくなり、美しくなった偶像は人間の能動的想像力を搔き立てる力を喪失し人間のまさざしを支配する」(※6)からである。間主観性の陰でともに育っていく優性思想が芽吹く瞬間がある。私たちが心なしに育てた優性思想に今度は私たちが支配される。相手に求めたものが次々と私たちに返ってくる。ホーダーがモノをためこみ、ためこんだモノによって苦しむことと同じ構造を持っている。
私たち人間が生きていく上でモノは必須だが、モノが能動的に私たちを助けてくれるわけではない。ヴァレリーはカイエで「道具は意識から消えていく傾向にあるが、意識は事故があってはじめて目覚める」(※7)と言った。私たちもホーダーも同じく自覚しなければならない。事故を事故だと認識して、意識を目覚めさせなければならない。




※1 Laura White , "PACK RATS' HANG-ON HABIT", The Washington Post, February
19, 1988
https://www.washingtonpost.com/archive/lifestyle/1988/02/19/pack-rats-hang-on-habit/a02c598c-117f-4dd1-9108-b9caf169907a/
参照日 2022-8-2

※2 安永愛 (2012)「ポール・ヴァレリーと〈偶像〉の問題」 『人文論集』 63巻1号 静岡大学人文社会科学部 p.25

※3 同上p.28

※4 村上龍(2002) 「希望の国のエクソダス」 文藝春秋 p.314

※5 東京大学社会科学研究所 希望学プロジェクト
https://project.iss.u-tokyo.ac.jp/hope-archive/hopology/hopology_09.html
参照日 2022-8-2

※6 安永愛 (2012)「ポール・ヴァレリーと〈偶像〉の問題」 『人文論集』 63巻1号 静岡大学人文社会科学部 p.26

※7 松岡正剛 「1458夜 『大津波と原発』内田樹・中沢新一・平川克美」 松岡正剛の千夜千冊、2012年3月5日
https://1000ya.isis.ne.jp/1458.html
参照日 2022-8-2

 

本日現場スタッフは広島市西区にて特殊清掃作業になっております。

 

 

 

 

「エピローグシオン」は、広島県広島市で10年以上皆さまに寄り添っている遺品整理特殊清掃の専門業者です。
近年注目を集めている終活のための生前整理やゴミ屋敷清掃にも対応しております。また、家族の形が変わったことで問題となり始めている孤独死についても多くご用命を頂いております。

当社は創業からこれまで、信用を第一に誠実な作業を心がけており、安心・安全をモットーに地元・広島の方の遺品整理にまつわるお悩み解決に尽力してまいりました。
その姿勢が認められ、広島全域はもちろん、山口県などの近隣県からもご依頼を頂いております。

当社では遺品や不用品をただ処分するだけでなく、リユースや寄贈、買取にも対応しております。愛用品など気持ちがこもっており捨てるのを躊躇する場合は、無料での合同供養もご提案させて頂いております。

たくさんのご要望に応えるべく多彩なプランをご用意していますが、どのプランをご利用頂いても、追加請求なしの明朗会計。当社は見積もりが最終金額であり、不明瞭な追加請求など、いい加減な対応でお客様を裏切るようなことは一切ございません。

365日24時間休まず営業しており、何時でもご相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

遺品整理の対応エリア

・広島県全域
広島県広島市中区|広島市東区|広島市南区|広島市西区|広島市安佐南区||広島市安佐北区|広島市安芸区|広島市佐伯区

廿日市市|広島県大竹市|広島県呉市|広島県江田島市|広島県安芸高田市|広島県東広島市|広島県竹原市|大崎上島町|広島県尾道市|広島県三原市|広島県福山市|広島県府中市|広島県三次市|広島県庄原市

広島県神石郡神石高原町|広島県山県郡安芸太田町|北広島町|広島県安芸郡府中町|海田町|熊野町|坂町|広島県世羅郡世羅町

・隣接県
山口県|岡山県|島根県|鳥取県

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。